戸建てにおすすめの高速な光回線

家庭内のネットワークシステムの見直しをする動きが加速

戸建て住宅におすすめの光回線はこちら | 【2022年6月最新】光回線で本当におすすめできる回線15選

また、隙間時間の増加により家で動画配信サービスのコンテンツを楽しむなどのケースもありますが、フルハイビジョンの時代から4Kの時代となり、より回線への負荷は高くなりました。
そのため、1本の光回線を複数の家族が同時利用することで一気の速度低下が発生し、レスポンスが悪くなるという現象に見舞われた世帯が続出しました。
そんな中で家庭内のネットワークシステムの見直しをする動きが加速し、乗り換えを検討する事例が増えています。
根本的な問題を解決する最も合理的な方法が高速な回線に切り替えることで、1Gbpsから10Gbpsへと移行するのがベストです。
例えば平均速度が光回線のボリュームゾーンと言われている100Mbpsの回線を家族4人で利用すると想定した場合、同時に使用すれば単純計算で1人あたり25Mbpsとなりますが、ノイズの影響などの損失率を含めると4K動画の再生はやや厳しいものとなります。
一方、10Gbpsのサービスに加入して最大1Gbpsの速度が出る環境だと想定して計算すると1人あたり250Mbpsとなり、これならば4K動画の再生が余裕で出来るだけではなく、バックグラウンドで大容量のファイルをダウンロードしてもまだ余裕があります。
このように10Gbpsに移行すれば、現時点で大半のケースで満足できるネットワーク環境を構築できます。

光回線おすすめを徹底紹介!

コスパの良いプロバイダや料金、工事有無、最新キャンペーンを網羅してるよ🔥

何を選べば良いのか悩んでる人は参考にしてみてね🎊#光回線 https://t.co/gLUWga7brM

— ねる (@neru_syuukatu) June 9, 2022

5Gが台頭して来たとは言え、安定性は有線で接続する光回線に軍配が上がります | 家庭内のネットワークシステムの見直しをする動きが加速 | つづいておすすめしたいのがIPv6を採用しているサービス